診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

ストーマ合併症加算算定要件にある重症度分類について

ストーマ合併症加算算定要件にある重症度分類について

  • 解決済回答4
2024年診療報酬改定により、ストーマ処置に「ストーマ合併症加算」が新設されましたが、この合併症加算の算定要件に「ストーマ合併症の重症度分類グレード2以上の患者である場合に算定」との要件が示されています。
WOCにも確認しましたが、この合併症の重症度分類が何を示すのかが分からないとのことで、疑義も確認しましたが分かりませんでした。
ご存知の方がいらっしゃったら、教えて頂きたいです。

回答

ベストアンサー

参考になって幸甚です。
また、ご丁寧に返信ありがとうございます。
当院でも5/2に届出を行い、再度WOCに確認し院内周知しました。

また、共同研究に参加した近隣医療機関にも確認しましたので、間違いないと考えます。
ぶしつけなお願いで恐縮ですが、
多忙中と存じますが、
『問題解決』にしていただく事は可能でしょうか?
なるべく全ての質問者様に対して回答したく、未解決が気になりまして・・・。
他の回答者様による情報収集が必要であれば、クローズせずオープンのままでかまいません。

色々とご教示いただきありがとうございました。
すみません、先ほどの回答後ベストアンサーにしていたつもりが出来ていなかったようです。
また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

J043-3 (4)より
以下のストーマ合併症を有し、かつストーマ合併症の重症度分類グレード2以上の患者である場合に算定する。
とあり、以下の状態と考えます。
傍ストーマヘルニア
ストーマ脱出
ストーマ腫瘤
ストーマ部瘻孔
ストーマ静脈瘤
ストーマ周囲肉芽腫
ストーマ周囲難治性潰瘍等

こちらでは不十分でしょうか?

早速のご回答ありがとうございます。
ご回答いただいた算定要件については、当院のWOCに確認したのですが、この要件の中の「かつストーマ合併症の重症度分類グレード2以上の患者」にある「ストーマ合併症の重症度分類」が何を示すのかが分からないとのことでした。合併症の重症度分類というのは聞いたことがないそうです。色々と調べてみたのですが、該当するグレード表などが分からず、ご存知の方がいればと質問させていただいた次第です。

おそらく、WOCであれば、ご存じかと思います。

消化管ストーマ早期合併症の重症度に関する多施設共同研究
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsscr/35/2/35_4/_pdf/-char/en
こちらの6P以降に、Grade記載あります。
参考まで。

追加の回答を確認しておりませんでした。申し訳ございません。
具体的な資料をお示しいただきありがとうございます。
早速WOCに確認したいと思います。

今回の新設に関し、看護系学会等社会保険連合により、厚生労働省へ要望書を提出されてます。P36 左下段 ※2ご参照下さい。

https://www.kanhoren.jp/wp/wp-content/themes/twentyseventeen/pdf/system-kanho/2023shinryoyoubou.pdf

他の回答者様のご意見も参考にしていただければ幸甚です。

大変参考になりました。
お示しいただいた研究発表資料をWOCに早速渡しました。
当該研究発表の内容を確認したところ、グレード2以上はつまり「中等症;最小限/局所的/非侵襲的治療を要する;年齢相応の身の回り以外の日常生活動作の制限」であり、処置・治療を要すると判断された患者は対象となるのではないか、との結論に至りました。
ご丁寧にご教示いただきありがとうございました。

関連する質問

受付中回答2

重度褥瘡処置

J001-4重度褥瘡措置の点数は、医療療養病棟では、1年未満の入院の患者でないと、100㎝²以上の方でも取れないんでしょうか?...

医科診療報酬 処置

解決済回答4

J020 胃持続ドレナージのチューブについて

質問です。
上記ドレーンを行う場合、接続出来ればチューブは何でも良いですか?例えば栄養カテやでも請求できますでしょうか?宜しくお願いいたします。

医科診療報酬 処置

受付中回答3

局所陰圧処置

21日間を超えても請求できますか?

医科診療報酬 処置

受付中回答6

関節穿刺

関節炎の人が関節穿刺をする事が多いのですか?

医科診療報酬 処置

解決済回答2

関節穿刺について

関節穿刺(膝)をしてる場合は、関節炎と病名をつければ良いですか?

医科診療報酬 処置

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。