診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

J020 胃持続ドレナージのチューブについて

J020 胃持続ドレナージのチューブについて

  • 解決済回答4
質問です。
上記ドレーンを行う場合、接続出来ればチューブは何でも良いですか?例えば栄養カテやでも請求できますでしょうか?宜しくお願いいたします。

回答

ベストアンサー

 「特定保険医療材料の定義について(通知)」(https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/001219121.pdf)に従うと不可だと思います。

ご回答ありがとうございます!

診療科は内科でしょうか。よくある疑問で、ピンときましたが。
カテの種類及び商品名はなんでしょうか。
また、胃持続ドレナージの目的はなんでしょうか。
>何でも良いですか? → 何でもは不可
>例えば栄養カテ → 適応外使用で不可 

ちゃんと医療承認されたカテーテルなら大丈夫と言う事ですね。どんなカテーテルなら良いでしょうか?例えば胃管カテーテルとかでしょうか?

>ちゃんと医療承認されたカテーテルなら大丈夫と言う事ですね。どんなカテーテルなら良いでしょうか?例えば胃管カテーテルとかでしょうか?

ゆゆ 様のコメントにある
>栄養カテーテルは → 経口摂取が困難な患者に対して、経管栄養法を行う場合又は経口での栄養摂取の可否に関わらず薬事承認上認められた用法として胃瘻を通じて投薬を行うことが認められた医薬品の投薬を行う場合に使用するカテーテル。

>胃管カテーテルは → 持続的胃内減 圧、胃液採取、薬剤注入、 洗浄又は胃内異物除去を目的に、経鼻 的又は経口的に胃に留置して使用するカテーテル。

特定保険医療材料の定義 に関しては
かっちゃん様のコメントにあるURLの熟読を推奨致します。

なるほど。
ありがとうございます!

栄養カテーテルは経口摂取が困難な患者に対して、経管栄養法を行う場合又は経口での栄養摂取の可否に関わらず薬事承認上認められた用法として胃瘻を通じて投薬を行うことが認められた医薬品の投薬を行う場合に使用するカテーテル。

胃管カテーテルは持続的胃内減 圧、胃液採取、薬剤注入、 洗浄又は胃内異物除去を目的に、経鼻 的又は経口的に胃に留置して使用するカテーテル。

目的、用途により使い分けが必要です。

関連する質問

受付中回答0

ブリッジ補綴の保険可能範囲について

お世話になっております。
本日上顎45欠損の患者でブリッジ補綴を希望されています。
この症例の場合、36支台歯でブリッジは保険にて可能でしょうか?...

医科診療報酬 処置

解決済回答2

絆創膏固定術と消炎鎮痛等処置は同時算定可能か

絆創膏固定術と消炎鎮痛等処置は同時算定可能でしょうか。腰部固定帯固定や胸部固定帯固定と消炎鎮痛等処置は同時算定できないのはしっていますが、絆創膏固定術と消...

医科診療報酬 処置

受付中回答2

体幹ギプス包帯と治療用装具採寸法について

胸椎圧迫骨折で、オーダーメイドの治療用装具が出来上がる1週間の間につけるため、フィットキュアスパインを着けて帰られた患者様があります。この場合、フィットキ...

医科診療報酬 処置

解決済回答4

輸血料

輸血200mlを1回実施した場合、算定の入力の仕方を教えて頂きたいです。

医科診療報酬 処置

解決済回答1

骨折疑いの固定について

乳幼児の末節骨骨折の疑いでギプスシーネをしたのですが、次に来院された際には痛みは消えていたため、ギプス外し、治癒としましたが...

医科診療報酬 処置

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。