診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

硬膜外麻酔とカテラン硬膜外注射

診療報酬・施設基準関連の質問と回答
おくすり薬価関連の質問と回答
その他の質問と回答

硬膜外麻酔とカテラン硬膜外注射

  • 解決済
回答2
ぬこさん ぬこ さん その他 投稿日:2021/06/29

L002硬膜外麻酔
L103カテラン硬膜外注射

どんな時にどちらの算定になるのかわかりません。

回答

ベストアンサー
keisukeさん keisuke さん 医師(勤務医) 回答日:2021/07/26

残念ながら、上記の説明は正しくありません。

硬膜外麻酔は、あくまで局所麻酔薬を用いた麻酔(交感神経のブロック、知覚神経のブロック、一部運動神経のブロック)で、使用薬剤は概ね1%キシロカイン換算で数ml~10mlです。
交感神経ブロックによる局所血流の改善や知覚神経ブロックによる痛みの悪循環の遮断が期待されますが、一方で 血圧低下等のバイタルサインの観察が一定時間必要です。
大きな効果も期待できますが、いろんな意味で手間がかかる治療のため 点数も高く設定されています。
硬膜外注射、生食にステロイド等の抗炎症効果を期待して硬膜外に注射で投与する手技です。
(バイタルサインに影響を及ぼさないごく低濃度少量の局所麻酔薬を一緒に投与することもあります。)
この場合は、施行後の経過観察は特に必要なく 注射後すぐの帰宅も可能です。
麻酔ではないため、点数は低く設定されています。
つまり、硬膜外麻酔にカテーテルの有無は関係ないですし 硬膜外注射の部位も仙骨部に限ったことではありません。

以上は、あくまで理屈の上の話で 実際は 査定委員の恣意的な裁量で麻酔と認められたり注射とさていされたりしていて問題です。


keisukeさん ぬこ さんからのコメント

よく理解出来ました。

医療事務の勉強中なので、まだ基本的なこともわからず質問していますが、丁寧な回答ありがとうございました。

ひできさん ひでき さん その他 回答日:2021/06/30

カテラン硬膜外注射は、仙骨部にピンポイントで局所麻酔剤を注射する手技です。
硬膜外麻酔は、術中・術後に硬膜外にカテーテルを入れて、局所麻酔剤を持続的に注入する手技です。

ひできさん ぬこ さんからのコメント

回答ありがとうございました。
ホントはもっと早くにコメントさせていただきたかったのですが、この使い方を理解できておらず、やっと回答コメントを入れる場所に今朝たどり着きました。
本当に遅くなって申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

関連する質問

10分調べても分からないことは、しろぼんねっとで質問!

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。