診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

義歯製作途中で支台歯を抜歯しなければならない場合

義歯製作途中で支台歯を抜歯しなければならない場合

  • 解決済回答1
義歯を制作途中の患者さんの支台歯を歯牙破折のため、やむを得ず抜歯しました。この場合設計、印象からやり直さなければならないため、それまでの義歯制作でとった処置(印象、咬合など)は取り消さなければならないでしょうか?

回答

ベストアンサー

結論:取り消さなくても算定可能な場合があります。

説明:予測困難な突発的疾患により、やむを得ず治療計画が変更となった場合には、それまでの請求を取り下げることなく新たな請求が認められることがあります。請求においてはレセプト摘要欄にその旨を簡潔に記載してください。
 ただし、PやPerなど予測可能な疾患や単に患者が抜きたくないと言ったなどの理由では認められない場合もあります。
 最終的には個々の状況により判断を要しますので、出来れば審査委員会へ相談するか、所轄の厚生局(事務局)に確認した方が良いと思われます。歯科医師会員であれば社会保険担当者にまずは相談してみてください。

丁寧な回答ありがとうございます!大変参考になりました

関連する質問

解決済回答1

メタルコアとFMCの同日再装着について

コアごとダツリした場合の同日再装着について、メタルコアの再装着料とFMCの再装着料45×2とセメント料17×2を算定しても差し支えないでしょうか。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答1

顎運動(CHB)

顎運動(CHB)を試適時に算定出来ますか?
上顎前とつで前方運動を確認の為試適時に行った。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答2

前歯1歯欠損ブリッジの保険算定

②△1|①のブリッジについて、隙は、半歯相当の隙です。
前装冠×2
前歯Pon×2
で保険算定は可能でしょうか?わかる方、教えて頂けますか?

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

pと義歯

上顎が総義歯 であり 下顎7-7残存の場合
義歯とpの治療はカルテ上 平行してよろしいでしょうか

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

pと義歯

上顎が総義歯 であり 下顎7-7残存の場合
義歯とpの治療はカルテ上 平行してよろしいでしょうか

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。