診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

リハビリテーション料および消炎鎮痛処置について

リハビリテーション料および消炎鎮痛処置について

  • 解決済回答1
最近、整形外科に勤め始めたばかりの新米医療事務員です。 
初歩的な質問および拙い文章ですが、どうかご教示お願いいたします。
 
[質問]
外来にて運動器リハビリテーションと消炎鎮痛処置を行なった場合、主病名を鑑みて主となる点数を算定すると思うのですが、運動器リハビリテーション料は『発症日・手術日・急性増悪の日から150日以内 治療継続により状態改善が期待出来る場合は150日超での算定も可 それ以外で150日を超えてしまう場合は一月あたり13単位までは算定可』とあります。
ですが、患者様の中には、消炎鎮痛処置(マッサージ等の手技による療法または器具等による療法)を毎日受けたいと仰る方もいます。

この場合、同月内において、・13単位は運動器リハビリテーション料を ・それ以降は消炎鎮痛処置を算定してもよろしいのでしょうか?

私は、運動器リハビリテーション料を13単位行なった場合は、同月内に消炎鎮痛処置に該当する療法を受けに来院された場合でも、13単位以降は『再診+外来管理加算』のみの算定となると思っておりますが…

この場合の算定について、ご教示いただけますと大変助かります。 
どうぞ、よろしくお願いいたします。

回答

ベストアンサー

お察しのとおりです。
リハビリテーションを消炎鎮痛処置に置き換えて請求されているようですが、医師の指示はどうなっているでしょうか。
消炎鎮痛処置なら問題ないと思いますが、リハビリの指示なら不正請求となります。院内でよく確認されたほうがよろしいかと存じます。

ひでき様

お忙しい中、ご回答いただき ありがとうございます。

言葉足らずで大変申し訳ありません。

私は 現在 新規開院予定の整形外科で研修中の新米医療事務員でして、整形外科の算定については経験がございません。
(諸事情あり、整形外科経験者の医療事務員の方が まだ研修に参加出来ない為、それまでは自身で出来る限り勉強をしておきたいと思っております)

整形外科の算定を勉強しているうちに疑問に思い、質問した次第です。
(質問にあたり、文章に「例えば」の文言も入力し忘れておりました。稚拙な文章で申し訳ございませんでした)

ひでき様のご回答、とても勉強になりました。
また機会がありましたら、ご教示の程よろしくお願い申し上げます。

関連する質問

受付中回答0

モートン病

モートン病に対するリハビリは脳血管疾患等リハビリテーション料で算定可能でしょうか?...

医科診療報酬 リハビリテーション

受付中回答2

リハビリの病名

リハビリの病名について詳しく知りたいです。
腰の場合は腰部脊柱管狭窄症や圧迫骨折などで取ってますが、他に腰の病名などはございますか? 
 

医科診療報酬 リハビリテーション

受付中回答3

再入院(継続入院扱い)で前入院時と算定疾患が違う患者のリハ算定について

前回の入院から今回の入院までの期間が約1か月しか空いていない患者さんです。この場合、継続した入院とみなされると思います。...

医科診療報酬 リハビリテーション

受付中回答2

運動器リハビリの病名

腰痛症で入院した方です。
腰痛症で先生からリハビリの指示が出ました。
ですが、リハビリをとるには腰痛症の病名だとリハビリとるのは難しいでしょうか? 

医科診療報酬 リハビリテーション

解決済回答1

リハビリテーション実施計画書

リハビリテーション実施計画書の様式21・21-6・23の違いは何でしょうか?
算定入院料によって違うのか、任意で使用していいものか…ご教授お願いします。

医科診療報酬 リハビリテーション

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。