診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

A246入退院支援加算の「退院支援計画書」のサインについて

A246入退院支援加算の「退院支援計画書」のサインについて

  • 受付中回答2
お忙しいところ、恐れ入りますがご相談させてください。
退院支援計画については、「文書で患者又はご家族に説明を行い、交付するとともに…」とありますが、患者さんは認知症で理解できず、ご家族は遠方で来院できない場合、電話でご家族に説明はできますが、サインは頂くことができません。その旨、記録を残すことでサインを当院の看護師が代筆することで、算定は可能でしょうか?
また、ご家族もなく、身寄りが無い場合は施設等との連携のみで、算定は可能でしょうか?
今般、身寄りが無い、ご家族が来院されない患者さんが増えており、対応に難渋しております。
ご教示頂けると幸いです。

回答

家族構成の複雑化や独居者の増加により、どこかにしわ寄せが来るのは仕方ありませんが、医療機関への救済制度や手続きの簡略化などが求められています。これはグチです。

ご質問は二つですね。
一つめの署名の件です。ここは運用になると思うのですが、全員が来院して署名を受けることは不可能なので、お見込みのとおりでよろしいかと存じますが、署名いただける方がいるのであれば、郵送の上、署名・返送いただくことも考えられます。

二つめの身寄りがない方の件です。
これは厚生局の判断になろうかと存じますので、一度、厚生局に照会なさるといいと思います。
なお余談ですが、独居者などで財産管理等を含めた管理のため、成年後見制度を活用することも考慮した方がよろしいかと存じます。詳しくは地域包括支援センターにお尋ねください。

お忙しい中、早速のご回答をいただき、ありがとうございました。
やはり、郵送して、署名・返送をしていただくのが、最も適切な方法ですね。
当院でもきちんと対応できるよう、運用を構築したいと思います。

 リハビリテーション総合実施計画書へのサインでも同様の問題がありますね。
 当院では代筆の場合には、カルテに代筆となった理由•経緯、電話確認と代筆の日時、代筆した計画書を郵送したことを記載することをルール化してます。
 ひできさんの仰る通り簡略化されないかなと思います。でも、患者家族への交付まではなくならないでしょうね。交付するための郵送、faxは誤送付がないようダブルチェックをしていて結構気を使うので無くなって欲しいと思います。

お忙しい中、早速のご回答をいただき、ありがとうございました。
本日出た、中医協の個別改定項目を見たところ、リハビリ実施計画書等は署名を求めなくても良いケースもできたようです。ただし、ご推察のとおり、交付は必要とのことです。
貴院はきちんとした運用をとられているので、当院も見習って、きちんとした対応ができるようにしたいと思います。

回答する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。

関連する質問

解決済回答1

入院中の外泊について

ひと月以内の外泊は6日以内とありますが、月をまたいだ場合は合計12日間をとることできますか?

医科診療報酬 入院料等

受付中回答0

入退院支援加算の算定について(併設介護医療院)

A246 入退院支援加算について
療養病棟より併設(内包型)介護医療院へ退院された患者については、入退院支援加算の算定は可能でしょうか

医科診療報酬 入院料等

受付中回答2

二類感染症患者入院診療加算

5/4にコロナ陽性になり、5/16に治癒判定をした場合、加算は10日間までなのか、治癒判定日まで算定してもよいか。どちらでしょうか?

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

特殊疾患病棟と入退院支援加算について

特殊疾患病棟では、入退院支援加算は1のロ及び2のロ(両方とも療養病棟の場合)に限って算定できるとなっております。
初歩的な質問で恐れ入りますが、...

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

【疑義解釈】早期栄養介入管理加算 《R04-008-q006-00-00-i》

区分番号「A300」救命救急入院料の注9、区分番号「A301」特定集中治療室管理料の注5、区分番号「A301-2」ハイケアユニット入院医療管理料の注4、区...

医科診療報酬 入院料等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。