診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

A206 在宅患者緊急入院診療加算について

A206 在宅患者緊急入院診療加算について

  • 解決済回答1
当方、在宅療養支援病院です。
・C002 在宅時医学総合管理料   ・C002-2 施設入居時等医学総合管理料
・C003 在宅がん医療総合診療料
・在宅療養指導管理料に掲げる指導管理料(C101 在宅自己注射指導管理料を除く)
以上を在宅療養支援診療所にて入院前月・当月に算定する患者を、在宅療養支援診療所の依頼により当院に入院させ、患者の意向を踏まえた医療を提供した場合に当該加算が算定できるものと理解しています。

「・在宅療養指導管理料に掲げる指導管理料(C101 在宅自己注射指導管理料を除く)」を算定する訪問診療を行っていない通院患者も算定対象となるのでしょうか。
(訪問診療料を算定していなくても、在宅酸素や在宅中心静脈栄養等を算定していれば算定対象となるのでしょうか)

ご教示ください。
よろしくお願いいたします。

回答

ベストアンサー

 法令用語で多く使われる「又は」は選択的接続詞と呼ばれ、「複数のうち1つ以上(全部でも可)を選ぶ」際に使われます。たとえば、「A、B又はC」と3つ以上の選択肢を示した場合は「A、B、Cのうち1つ以上を選ぶ」ということになります。

 これをA206 在宅患者緊急入院診療加算の注1に当てはめると

 別の保険医療機関(診療所に限る。)において
「区分番号C002に掲げる在宅時医学総合管理料」、
「区分番号C002-2に掲げる施設入居時等医学総合管理料」、
「区分番号C003に掲げる在宅がん医療総合診療料」
又は
「第2章第2部第2節第1款の各区分に掲げる在宅療養指導管理料(区分番号C101に掲げる在宅自己注射指導管理料を除く。)」
を算定している患者

となりますので、「上記4つの診療報酬のうち1つでも算定している患者」は在宅患者緊急入院診療加算の対象となります。

 在宅時医学総合管理料、施設入居時等医学総合管理料、在宅がん医療総合診療料は訪問診療の実施が算定要件に含まれますが、在宅療養指導管理料は訪問診療の有無は関係ありませんので、「在宅療養指導管理料に掲げる指導管理料(C101 在宅自己注射指導管理料を除く)」を算定する訪問診療を行っていない通院患者は算定対象であると解されます。

かっちゃんさん
ありがとうございます。

関連する質問

解決済回答1

入院中の外泊について

ひと月以内の外泊は6日以内とありますが、月をまたいだ場合は合計12日間をとることできますか?

医科診療報酬 入院料等

受付中回答0

入退院支援加算の算定について(併設介護医療院)

A246 入退院支援加算について
療養病棟より併設(内包型)介護医療院へ退院された患者については、入退院支援加算の算定は可能でしょうか

医科診療報酬 入院料等

受付中回答2

二類感染症患者入院診療加算

5/4にコロナ陽性になり、5/16に治癒判定をした場合、加算は10日間までなのか、治癒判定日まで算定してもよいか。どちらでしょうか?

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

特殊疾患病棟と入退院支援加算について

特殊疾患病棟では、入退院支援加算は1のロ及び2のロ(両方とも療養病棟の場合)に限って算定できるとなっております。
初歩的な質問で恐れ入りますが、...

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

【疑義解釈】早期栄養介入管理加算 《R04-008-q006-00-00-i》

区分番号「A300」救命救急入院料の注9、区分番号「A301」特定集中治療室管理料の注5、区分番号「A301-2」ハイケアユニット入院医療管理料の注4、区...

医科診療報酬 入院料等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。