診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

インプラント周囲骨折について

インプラント周囲骨折について

  • 解決済回答3
 いつもお世話になっております。
 以前に当院で右大腿骨頸部骨折に対して人工骨頭挿入術を施行。その後、右膝を打撲し精査したところ右大腿骨顆上骨折と診断され手術を要するため入院となりました。
 今回、その手術を行ったのですが、術式が観血的整復固定術(インプラント周囲骨折に対するもの)1.大腿での算定を医師のオーダーにて医事に会計コストが入力されています。
 そこで質問なのですが、簡単な言い方過ぎるかもしれませんが、大腿骨頸部骨折でBHPを行いそこから離れた位置にある大腿骨顆上骨折(膝のあたり)の術式が上記の手術でいいのでしょうか?私的には骨折観血的手術(大腿)かと思ってました。
 長文になってしまい申し訳ありません。よろしくお願い致します。

回答

ベストアンサー

お話の内容からおそらくVancouver(バンクーバー)分類type Cの症例ではないかと思います。人工股関節置換術後ステム周囲骨折の分類は、
type A  転子部
type B1 ステム周囲 人工関節が安定
type B2 ステム周囲 人工関節が不安定
type B3 ステム周囲 骨質が不良で骨片が粉砕している
type C  ステムよりも遠位
に分類され 顆上骨折はtype Cに該当、通常の骨折治療と異なり、インプラントの遠位にオーバーラップさせる長さまでプレートが必要となるため、病名分類上も手術内容からもインプラント周囲骨折で算定可能です。

 詳細にありがとうございます。とても勉強になりました。上記のことを踏まえ医師に再確認してみようと思います。

 ご質問文のみでは判断できませんが、人工骨頭挿入術の際に使用したインプラントの端の部分(骨幹部になりますでしょうか)で右膝を打撲をしたことにより右大腿骨顆上骨折を引き起こしたとなれば、医師のオーダー通りになるのではないかと私案します。
 医師にご確認いただければと思います。

ありがとうございます。医師に確認してみます。

何故骨折観血的手術よりも点数が高いのか?と考えるべきだと思います。インプラント周囲骨折の場合は以前のインプラントが邪魔をしたり、一度抜釘して再手術を施行する必要があるなど、手間がかかることが予想されます。その手間に係る手技料がK046-2とK046若しくはK073の違いではないでしょうか?
明確な規定がないですが、大腿骨顆上骨折の骨折線が以前挿入したステムに届いているか否かが、算定できるかどうかの判断材料となるのではないでしょうか?

 ご回答ありがとうございます。医師に再度確認してみます

関連する質問

受付中回答2

転位のある骨性マレット指の非観血的整復の点数

転位のある骨性マレット指、保存加療の例もあります。
非観血的整復し固定した場合、どの点数が妥当でしょうか。

医科診療報酬 手術

受付中回答1

体外衝撃波疼痛治療術について

足底筋膜炎で体外衝撃波疼痛治療術を行っている患者に、運動器リハビリ、消炎鎮痛等処置を合わせて実施した場合の算定について教えて下さい。
①8/1...

医科診療報酬 手術

解決済回答1

乳頭拡張術

教えてください。...

医科診療報酬 手術

受付中回答1

2段階胚移植

先進医療として2段階胚移植術を算定します。...

医科診療報酬 手術

受付中回答0

短期滞在手術等基本料1について

いつも勉強させていただいております。
短期滞在手術等基本料1が算定できるかどうかご教示ください。...

医科診療報酬 手術

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。