診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

短期滞在手術等基本料1

短期滞在手術等基本料1

  • 受付中回答1
1、上記についてなのですが、これは入院患者のうち日帰り入院に限って請求できるものですか?通常のクリニックで外来患者さんには請求できないのでしょうか?

2、再診料を請求できないというのはそのレセプト全体で出来ないのですか?その月だけですか?初診料は請求可能ですか?

3,初診で来た方に血液検査、レントゲンなど行った場合後に短期滞在手術等基本料1を請求する場合、それら検査は請求できず取り下げとなりますが。現実的に無理なので血液検査、レントゲンなどは最初から請求しないという対応は問題ありませんか?

4、いくつか条件が有るようなのですが、翌日に患者さんの状況を確認というのは有りますか?24時間以内にクリニックに通える範囲と言うのは条件ですか?

どうも正式な情報が乏しくてすいませんがよろしくお願いします。

回答

まず算定の前に、施設基準を満たして届出はしているのでしょうか。
クリニックであっても、術後回復のために使用する専用の回復室があり、看護師が常時(術後患者がいる時間帯)4対1で勤務していることが条件です。
施設基準に関する通知をよくお読みください。
施設基準を満たし、届出済みであれば、
 質問「1」→算定可
 質問「2」→短期1に包括されるものは、A400の「注3」です。よって初再診料は包括されません。
 「初診料」とありますが、初診でいきなり日帰り手術を行うことがあるのでしょうか。あるとすれば、
  術前に施設基準で定める「別紙様式8」を参考とした説明、同意が必要です。なお、予定手術で来院
  した場合の再診料は、初・再診料の通則により算定できません。
 質問「3」→保険診療において、算定要件を満たしながら算定しないは、適正な保険診療ではありませ
  ん。「現実的に無理」とありますが、意味がわかりません。それはゆうたろうさんが思うことであっ
  て、事後精算は可能です。
 質問「4」→A400の通知をよくお読みください。通知(1)のとおりです。「24時間以内にクリニッ
  クに通える範囲」というのは、どの通知をお読みになったのでしょうか。通知では、「退院後概ね3
  日間、患者が1時間以内で当該保険医療機関に来院可能な距離にいる」とあります。なお、施設基準
  の通知にあるように、他の保険医療機関と密接に提携して24時間緊急対応ができる保険医療機関が
  あれば、自院だけで対応しなくても施設基準を満たします。
改めて、施設基準並びに算定要領の通知をよくお読みください。

詳細な回答を有難うございます。
A400の注1には
「別に厚生労働大臣が定める手術を行った場合 (同一の日に入院及び退院した場合に限る。)は、短期滞在手術等基本料1を算 定する。」
と有ります。
同一の日に入院及び退院した場合に限る、のですから入院施設のないクリニックでは
無理ではないかと思ったのですが、いかがでしょうか。

回答する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。

関連する質問

解決済回答1

特定疾患指導管理料

初歩的な質問ですみません。...

医科診療報酬 医学管理等

解決済回答1

特定疾患療養管理料の算定について

いつも参考にさせてもらっております。
初歩的な質問ですみません。...

医科診療報酬 医学管理等

受付中回答2

二類感染症患者入院診療加算

令和4年11月から二類感染症患者入院診療加算250点は初診の患者さんでなければ算定できなくなったのでしょうか?
再診の患者さんからは取れなくなったのですか? 

医科診療報酬 医学管理等

解決済回答2

診療情報提供書

患者さんが、他院より診療情報提供書を持参され来院した場合
紹介状は保険診療可能でしょうか?
可能な場合の保険点数教えていただけますでしょうか

医科診療報酬 医学管理等

受付中回答3

特定疾患療養管理料

胸の腫瘤がある患者さんは、特定疾患療養管理料は算定できますか?

医科診療報酬 医学管理等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。