診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

静脈内鎮静法と経皮的動脈血酸素飽和度について

静脈内鎮静法と経皮的動脈血酸素飽和度について

  • 受付中回答1
経皮的動脈血酸素飽和度の算定要件には「イ 静脈麻酔、硬膜外麻酔又は脊椎麻酔を実施中の患者に行った場合」とありますが、静脈内鎮静法は記載されていません。
しかし、これはそもそも医科点数として静脈内鎮静法が存在しないことも影響していると考えます。
静脈麻酔の算定要件には
 「(1) 静脈麻酔とは、静脈注射用麻酔剤を用いた全身麻酔であり、意識消失を伴うものをいう。」
「 (3) 「2」及び「3」は、静脈注射用麻酔剤を用いた全身麻酔を 10 分以上行った場合であって、区分番号「L008」マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔以外の静脈麻酔が行われた場合に算定する。ただし、安全性の観点から、呼吸抑制等が起きた場合等には速やかにマスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔に移行できる十分な準備を行った上で、医療機器等を用いて十分な監視下で行わなければならない。」
と記載があり、医科点数における静脈麻酔は実質としては歯科点数における静脈内鎮静法と同じと思われます。 
そのため静脈内鎮静法においても経皮的動脈血酸素飽和度測定は算定可能と考えますが、どうでしょうか。
施設によって算定していたりしていなかったりするようですので、質問させていただきます。

回答

歯科では静脈内鎮静法と静脈麻酔は双方を臨床応用しているので別々のものとして取り扱うことが妥当だと考えられます。したがって医科の通知に静脈内鎮静法の記載がない以上、現状での算定は厳しいものと思われます。

回答ありがとうございます。
 麻酔分野は医科点数に準じた解釈になってきますが、医科に静脈内鎮静法という概念はないため、今後も難しいと考えるべきでしょうか。
 通知を読む限り、静脈麻酔は自発呼吸が維持された静脈注射用製剤の使用による麻酔であり、 深鎮静に相違ありません。
全身麻酔に移行できる施設であれば、静脈内鎮静法ではなく、静脈麻酔での算定を行い、酸素飽和度測定を算定を行うべきなのかもしれませんね。

回答する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。

関連する質問

受付中回答1

上顎結節形成術についてお尋ねします。

上顎総義歯の患者に困難なもの3000点を算定したした。病名と注意点を教えて下さい。宜しくお願いします。

歯科診療報酬 麻酔

解決済回答2

OA使用 浸麻無しの切開

P GAのため OAのみ(浸麻使用無し)で切開した時の保険請求どうしたらいいのでしょうか?どうかご指導お願いします。

歯科診療報酬 麻酔

解決済回答1

下顎FOP時の浸潤麻酔と伝達麻酔の算定

下顎大臼歯部のFOPで浸潤麻酔して奏効しないため伝達麻酔を行った場合、
浸潤麻酔(手術0点)+浸麻料(エピリド1本...

歯科診療報酬 麻酔

解決済回答1

伝達麻酔でエピリド1.8ml 3本の算定 と 処置変換定義なし

麻酔が効きづらく上記のとおり3本のカートリッジを使用した患者さんです。...

歯科診療報酬 麻酔

解決済回答1

脱離再充填時の伝達麻酔の算定について

いつもお世話になっております。
前回充填時から6ヶ月以内に充填物脱離した場合の伝達麻酔の算定の可否について教えていただきたいです。...

歯科診療報酬 麻酔

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。