診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

C107-2在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料とC101在宅自己注射指導管理料の併算定について

C107-2在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料とC101在宅自己注射指導管理料の併算定について

  • 解決済回答1
C107-2在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料とC101在宅自己注射指導管理料の併算定について今回、初めてこの2つの管理料を併算定することになり、
実際に行った管理料と材料加算は、
・在宅自己注射指導管理料(1以外) 
・血糖自己測定加算(60回以上)  
・経鼻的持続陽圧呼吸療法用治療器加算  
・在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料です。
在宅療養指導管理料同士のため、在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料と在宅自己注射指導管理料併算定はできないが、算定していない方の材料加算は算定できるという認識であったため、
・在宅自己注射指導管理料(1以外)
・血糖自己測定加算(60回以上)  
・経鼻的持続陽圧呼吸療法用治療器加算
を算定したところ、
・経鼻的持続陽圧呼吸療法用治療器加算は算定できないとのことで返戻となりました。

私の認識では、
在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料と在宅自己注射指導管理料は、在宅療養指導管理料同士として併算定はできないが、算定していない方の在宅療養指導料の在宅療養指導管理材料加算は算定できると思っていたので、確認をとったところ、算定していない方の在宅療養指導管理料は、在宅療養指導管理材料加算も含め算定できませんとの回答をいただきました。
さらに、ちなみに乳幼児呼吸管理材料加算と遠隔モニタリング加算は、施行されていれば算定できますと言われ、混乱しております。

これは、逆ではないでしょうか?

まとめますと、
・在宅療養指導管理料同士として併算定はできない。
・算定していない方の在宅療養指導料も在宅療養指導管理材料加算は算定できる。
・乳幼児呼吸管理材料加算と遠隔モニタリング加算は、在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の加算のため、在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料算定してこそ、算定できるもの。
という考え方であっていますでしょうか。

私が分かっていないだけで、もしかすると、算定方法が変わったのでしょうか。
私の考え方がもともと間違えているのでしょうか。

よろしくお願いいたします。


回答

ベストアンサー

 第2款 在宅療養指導管理材料加算の通則通知1及び2により、ご質問にある算定は正しいと思います。

 確認されたところに再度問い合わせをして一緒に読み合わせされてはいかがでしょうか。

1 在宅療養指導管理材料加算は、要件を満たせば、第1款在宅療養指導管理料を算定するか否かにかかわらず、別に算定できる。

2 同一の保険医療機関において、2以上の指導管理を行っている場合は、主たる指導管理の所定点数を算定する。この場合にあって、在宅療養指導管理材料加算及び当該2以上の指導管理に使用した薬剤、特定保険医療材料の費用は、それぞれ算定できる。

かっちゃんさん、ありがとうございます。
読み合わせをお願いして、折り返しもありませんでしたが、粘り強くお話しようと思います。
正しいと教えていただき、不安になっていましたが、とても心強かったです。

本当にありがとうございました。

関連する質問

受付中回答0

縫合の算定について

初歩的な質問をすみません。
早見表やテキストを読んでもわからず教えて頂けたましたら幸いです。...

医科診療報酬 在宅医療

解決済回答2

訪問看護指示書(R6年度改訂内容について)

教えて頂きたいです。

訪問看護指示書の傷病名コード記載の件です。
新しく指示書に設けられた欄に「7桁の傷病名コード」と「ICD-10のコード」の...

医科診療報酬 在宅医療

受付中回答1

特定疾患処方管理加算(Ⅱ)と在宅注射指導管理料の同時算定は可能でしょうか

令和6年の診療報酬改定の質問で恐縮です。特定疾患処方管理加算(Ⅱ)と在宅注射指導管理料の同時算定は可能でしょうか。

医科診療報酬 在宅医療

解決済回答2

導入初期加算(在宅自己注射管理料)の算定

下記の2024年時点、導入初期加算が3回算定できるか教えて下さい
  
2017年 ライゾデグ配合注とインスリン グラルギン開始...

医科診療報酬 在宅医療

解決済回答1

在宅妊娠糖尿病患者指導管理料1

在宅妊娠糖尿病患者指導管理料1において通知に「在宅妊娠糖尿病患者指導管理料1は、妊娠中の糖尿病患者又は妊娠糖尿病の患者であって、下記の者のうち、血糖自己測...

医科診療報酬 在宅医療

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。