診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

特定疾患について

特定疾患について

  • 解決済回答1
滲出性中耳炎が診断されている患者さんで必要な指導がされた場合は、
耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料が取れると思うのですが

この場合、特定疾患療養管理料や特処はとれるのでしょうか?
それとも取っちゃダメなのでしょうか?
 

回答

ベストアンサー

・特定疾患療養管理料について

 B001_21 耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料の対象疾患である「滲出性中耳炎(疾患の反復や遷延がみられるものに限る。)」は、B000 特定疾患療養管理料の対象疾患(別表第一 https://shirobon.net/standard/latest/2219999/)に掲げらておりませんので算定出来ません。
 また、「滲出性中耳炎(疾患の反復や遷延がみられるものに限る。)」以外に特定疾患療養管理料の対象疾患があり、それが主病であったとしても第2章 特掲診療料の通則1に「特定疾患療養管理料、耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料は同一月に算定できない。」旨が規定されており同一月内に併算定できません。


・特定疾患処方管理加算について

 B001_21 耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料の対象疾患である「滲出性中耳炎(疾患の反復や遷延がみられるものに限る。)」は、特定疾患処方管理加算の対象疾患(別表第一 https://shirobon.net/standard/latest/2219999/)に掲げらておりませんので算定出来ません。
 なお、「滲出性中耳炎(疾患の反復や遷延がみられるものに限る。)」以外に特定疾患処方管理加算の対象疾患があり、それが主病であった場合、耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料と特定疾患処方管理加算の併算定を不可とする注及び通知はないため併算定可能です。

 ただし、診療所の場合、特定疾患療養管理料225点、耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料150点であるため、特定疾患療養管理料の対象疾患が主病ならば、所定点数が高い特定疾患療養管理料を算定すると思いますので、耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料と特定疾患処方管理加算を併算定することはないと思います。
 病院の場合、特定疾患療養管理料0点~147点、耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料150点であるため、特定疾患療養管理料の対象疾患が主病であっても、所定点数が高い耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料を算定すると思うため、耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料と特定疾患処方管理加算の併算定をすることがあります。

ありがとうございます!

関連する質問

受付中回答0

在宅患者訪問薬剤管理料算定のための情報提供

初歩的な質問で申し訳ありません。
クリニックで医療事務をしている者です。
 
保険薬局より通院が困難な患者様の在宅患者訪問薬剤管理料算定のために...

医科診療報酬 医学管理等

受付中回答1

通院精神と特定疾患

通院精神と特定疾患は一緒には算定出来ないと聞きましたが、同一クリニックで別の医師、別の科であれば算定可能ですか?レセプトには特別な記載は必要ですか?

医科診療報酬 医学管理等

解決済回答1

特定疾患療養管理料

医療事務を勉強しています。...

医科診療報酬 医学管理等

解決済回答2

診療録管理体制加算の診療録管理者の業務について

いつも参考になるご意見をいただき、ありがとうございます。
診療録管理者の業務についておしえて下さい。...

医科診療報酬 医学管理等

受付中回答0

外来腫瘍化学療法診療料について

リニアックと化学療法の併用治療の方。
外来放射線照射診療料と外来腫瘍化学療法診療料の算定方法はどうなるのでしょうか。...

医科診療報酬 医学管理等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。